天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「傷を治す」外科医の原点に立ち返えれば患者の負担も軽減できる

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 外科手術は、「その方法でなければ機能を取り戻せない、健康を回復できない」といった病状に対し、エビデンス(科学的根拠)にのっとって行われるのが大前提です。その前提に加え、近年は「低侵襲」という方向性がクローズアップされています。手術の負担を軽減し、より患者さんの体にやさしい方法を推し進める流れが強くなっているのです。

 その基本になるのが「メスで切開してできた傷をきちんと治す」ということです。「傷を治す」=「創傷治癒」は外科医にとっての原点といえます。

 かつては、「主要な部分だけをしっかり処置して機能を改善できれば、傷は大きくても化膿して開かなければいい」くらいに考えられていました。しかし、化膿しないまでも手術の傷からいつまでもしみ出しがあったり、時間がたって大丈夫だと思った頃に傷の下にある骨が感染症を起こし、重症化して患者を亡くす経験などから、「傷もしっかり治さなければいけないのではないか」と考えていました。そこで、亀田総合病院に在籍していた20年ほど前から創傷治癒に対して真剣に取り組み始め、今に至っています。

1 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事