ニューヨークからお届けします。

テクノロジーで良質な眠りを 米国では2018年のトレンドに

写真はイメージ(C)PIXTA

 アメリカ人の大人の平均睡眠時間は約7時間ですが、4割の人が睡眠不足と感じています。

 それならばテクノロジーの力で睡眠の質だけでも上げようというのが2018年の大きなトレンドになりそうで、続々と登場するだろうとみられているのがスマートベッドです。

「スリープ・ナンバーベッド」は、寝相に合わせてベッドの角度が自動的にリクライニングチェアのように変わり、常にベストの姿勢で眠れます。2人で寝ていても、マットレスが中央で分かれているので、それぞれの動きに合わせてくれるだけでなくマットの硬さもカスタマイズできます。

「エイト・スリープ」のスマートベッドは、眠っている人の睡眠サイクルを測定し、眠りが浅くなったタイミングで目覚ましを鳴らしてくれます。毎日の睡眠の状態を記録し、スマートウオッチや携帯電話でチェックも可能。さらにスマート・ホーム・テクノロジーとの連動で、部屋の温度から翌朝に飲むコーヒーメーカーまでもコントロールできます。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事