Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

小林麻央さんは34歳で他界 15~39歳“AYA世代”のがんの特徴

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 がんは、細胞の設計図であるDNAにできた突然変異が積み重なって発症します。高齢化にともなって急増しているのはそのためで、今や2人に1人ががんになる時代です。しかし、若い人が、がんになることも珍しくありません。

 昨年6月、乳がんで命を落とした小林麻央さんは34歳でした。国立がん研究センターは、15~39歳の「AYA(Adolescent and Young Adult)世代」のがんの種類を分析したところ、30代では、乳がんが男女含めて22%でトップ。AYA世代では、女性の方ががんになりやすく、2位は13%で子宮頚がんが続いています。

 このような調査結果が公表されたのは初めてです。この世代は、中高年に比べて治療体制や支援が不十分で、早急な対策を進めるためです。結婚や出産など人生のイベントを控える世代でもあって、家族の形に大きな影響を与えますから、対策は重要でしょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事