Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

子宮頸がんが再々発 古村比呂さんが語った「共存」の真意

古村比呂さん(C)日刊ゲンダイ

 がんになると、闘病生活がクローズアップされます。前向きに治療に取り組む姿勢は、素晴らしいものです。しかし、ガムシャラになり過ぎて、冷静さを失うような“闘病”は考えものでしょう。その点、女優・古村比呂さん(52)の考え方は参考になります。

「がんと闘うというよりは共存していく気持ちが強い」

 今月2日のラジオ番組でそう語ったのです。

 古村さんは6年前に子宮頚がんが発覚。幸い早期で手術で克服されたのですが、昨年3月に再発し、11月には肺とリンパ節に再々発しています。3度目のがんは、決して喜ばしいものではないでしょう。

 今年1月からは3週間に1回のペースで合計6回の抗がん剤治療をスタート。その副作用で、髪の毛が抜け落ち、「今は1割残っているくらい」だそうですが、4日のイベントには、ウィッグを着けて登場。「私にできることは、あるがままの姿をお伝えすること」と元気に語っていた姿が報じられています。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事