クスリと正しく付き合う

バイアグラを飲むと青いモノが鮮やかに見えるケースがある

バイアグラ(シルデナフィル)(C)日刊ゲンダイ

 前回、取り上げた「聴覚異常」のような五感に悪影響が出る副作用はQOLの低下を招くので注意が必要です。とりわけ、不可逆的な(治らない)副作用は絶対に避けたいところです。

 今回は「視覚異常」の副作用を紹介します。視覚異常(視覚障害)には、弱視、複視、飛蚊症などがあり、以前にも取り上げた「リリカ」(プレガバリン)による霧視や、視力低下の副作用も視覚異常に含まれます。

 リリカによる視力低下はひどいケースになると元に戻らなかったり、最悪の場合、失明することもあるので、副作用の発現は飲み始めだけでなく、長期間しっかりとフォローすることが大切になってきます。

 視覚異常の副作用として、まれなケースですが「バイアグラ」(シルデナフィル)で「青視症」が起こるケースがあります。眼球内の水晶体によって有害な青色光線がカットされなくなり、青いものが非常に鮮やかに見える症状が表れます。彩視症や色視症と呼ばれることもあります。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事