生活と健康 数字は語る

日本人の成人の半分が該当 血圧「130」は高めなのか?

20歳以上で半分の人が血圧高め?(C)日刊ゲンダイ

 糖尿病、肥満度と同様に国民健康・栄養調査の血圧のデータを見てみましょう。2016年のデータで上の血圧の平均は、20歳以上の男性で134.3㎜Hg、女性で127.3㎜Hgです。血圧の分布は左右対称に分布しますから、130㎜Hg未満の人とそれ以上の人がおおよそ半分ずつという状況です。

 テレビコマーシャルで「血圧130以上は血圧高めです」なんてやっていますから、日本人の20歳以上で、半分の人が血圧高めということになります。平均値が高めなんて、なんだか変だと感じるかもしれません。「血糖値が平均値の人は血糖高めです」とか、「BMIが平均値の人は肥満です」みたいなことになっているわけです。どういうことでしょうか。

 これまでの上の血圧の基準は140㎜Hg以上というのが一般的なものでしたが、2017年に米国高血圧合同委員会が正常な上の血圧を130㎜Hg未満に引き下げたということもあり、あながちデタラメな主張ではありません。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事