性病じゃないが…パンツの中の“猛暑”が起こす病気と対処法

猛暑が続いたが…(C)日刊ゲンダイ

 今年の夏は記録的な暑さが続いたが、体の中で最も暑かった場所といえばパンツの中ではないか? 中にはアソコがかゆくなり、人知れず悩んでいる人もいるはずだ。「パンツの中の酷暑」がもたらすかゆみには、どんな病気が潜んでいるのか? 弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長に聞いた。

「股間のかゆみというと、淋病や梅毒のような性病をイメージしがちですが、性病以外に股間がかゆくなる病気は、いくらでもあります。例えば性器カンジダです。酷暑などによる疲れやストレスなどで免疫力が低下。それが原因で口腔内などの常在菌であるカンジダ菌(真菌)が股間に繁殖して暴れ回り、デリケートゾーンがかゆくなる病気です」

 性器カンジダは肥満や糖尿病、幼児や老人のほか、抗生物質やステロイドなどを使用している人に目立つ病気だが、その構造上、とくに女性に多い。再発を繰り返すため、最近は膣カンジダの再発治療薬が市販されている。女優が「膣カンジダの再発は、自分でチェック、自分で治せる」と言うテレビCMを見たことのある人も多いはずだ。性交での感染は少なく、ほとんどが自己感染。性交経験のない女性でも発症する。

1 / 4 ページ

関連記事