Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

米国で胃がんは“過去のがん”…日本では罹患数2位の理由

がん克服の会見をする高杢禎彦さん(C)日刊ゲンダイ

「過去のがん」といわれたら、どんながんをイメージされるでしょうか。米国なら、胃がんです。残念ながら日本は違い、死亡数3位、罹患数2位と多くの人を苦しめています。

「食道の下半分と胃は全部。脾臓も全部(切除した)」

 先月30日に放送された民放番組で、壮絶な告白をされたのは、元チェッカーズのメンバー・高杢禎彦さん(56)です。40歳のときに胃がん宣告を受け、一時は自殺も考えたといいます。家族の励ましもあり、8時間に及ぶ大手術を乗り越え、無事に回復されたからこそのTV出演でしょう。

 しかし、そのエピソードが話題になるのは、胃がんが広く恐れられていることの証しでもあると思います。家族や同僚、友人など周りに胃がんを経験された人がいればなおさらです。ところが、「過去のがん」と断言した米国では、胃がんで亡くなるのは白血病より少ない。1930年代にトップだった死亡数は、激減。それほど珍しいがんになっているのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事