Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

石田信之さんは手術8回 できやすい重複がんの組み合わせ

石田信之さん(C)日刊ゲンダイ

 受けた手術の回数は8回に上るそうです。特撮ヒーロー「ミラーマン」で主人公を演じた俳優の石田信之さん(68)はがんで闘病中で、2014年2月の大腸を皮切りに胃と肝臓も切除。再発時の手術を含めると、8回だそうです。原作と脚本を担当した朗読劇の報道とともに、闘病の様子が改めて報じられ、驚かれた人もいるでしょう。

 13年の夏ごろから腹痛、骨盤の痛みなどが悪化。かかりつけ医から総合病院を紹介され、翌14年2月に大腸がんが発覚し、すでに肝臓に転移していたほか胃にも腫瘍が。付き添った娘さんは「ステージ4で余命3カ月」と宣告されたとか。大腸、胃、肝臓の手術を経て今や4年超。余命宣告を大幅に超えて、元気に活躍されています。

 石田さんはがんを「インベーダー」にたとえ、不屈の精神で「退治していこうと決意した」のがよかったのでしょうが、なぜ度重なるがんを克服できたのでしょうか。皆さん、疑問に思われるはずです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事