医者も知らない医学の新常識

プリン体に要注意というが…食事と痛風はあまり関係がない

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 それでは、何が尿酸値を高くしているのかというと、実は生まれつきの体質が、食事よりはるかに大きな影響を与えていたのです。もちろん痛風は生活習慣病のひとつでもありますから、不摂生をしていれば、その影響はあるのですが、摂生しても尿酸値の下がらない人は、それは遺伝的に決まっていると、そう考えた方が良さそうです。

2 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

関連記事