Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

堀ちえみさん4期舌がん 口内炎異常を確実に見抜くチェック

タレントの堀ちえみさん(C)日刊ゲンダイ

 なんでこんなことに……。タレントの堀ちえみさん(52)が舌がんであることを公表したニュースに触れ、正直、そう思いました。

 報道やブログによると、昨年7月ごろから口内炎が断続的にできていたようで、11月9日にはそのころの口内炎の痛みのつらさからかかりつけの歯科医を受診。レーザー治療を受けたとのこと。その3日後の診察結果では、口内炎がひどいことから、仕事を一時中断されたことがブログに書かれています。

 舌がんは、歯茎にできる「歯肉がん」、舌の裏側に接する部分(口腔底)の中心部に発症する「口腔底がん」、頬の内側の粘膜に生じる「頬粘膜がん」などとともに口腔がんの一種で、全体の6割近くで、最も多い口腔がんです。

 実は堀さんのように口内炎と放置され、がんが進行してから発見されるケースが少なくありません。堀さんの舌がんは左首のリンパ節に転移したステージ4でした。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事