愉快な“病人”たち

腹痛で命の危機 堀ちえみさん救った“念のため”の胃カメラ

1カ月の絶飲食は涙が出るほどつらかった(C)日刊ゲンダイ

 今はすっかり元気にしていますけど、当時は本当に命の危機でした。家族は、医師から「この3日間がヤマです」と言われたそうですから……。

 病気は突然でした。2001年、4番目の子どもが生まれて10カ月ぐらいたったころです。夏休みに家族でのグアム旅行の帰り、関西空港に降り立った瞬間、お腹の中で「ポン」という小さな破裂感があったんです。気圧で詰まった耳が急に開放されたときのような小さなものでした。

 それから自宅に向かう電車の中で腹痛が始まり、家に着いてさらに痛みが激しくなりました。そして、夜中になって「これは死ぬな」と思うくらいの激痛に見舞われたのです。近くの病院に駆け込んだのは深夜2時ぐらいでした。

 診察時間外でしたが、守衛さんが私の尋常ではない様子にむげに帰せなかったのでしょう。看護師さんを呼んでくれて、とりあえず院内に入りました。海外からの帰国後すぐということで、さまざまな検査をされ、朝一番の医師が到着したのは7時ぐらい。白血球の上昇から炎症があることは分かったものの、どこで何が起こっているのか、初めは分からなかったようです。

1 / 5 ページ

関連記事