市販薬との正しい付き合い方

セルフメディケーション税制 覚えておくべき2つのポイント

写真はイメージ

 医療用医薬品から一般の薬店で購入できる市販医薬品(OTC医薬品)になった医薬品を「スイッチOTC医薬品」といいます。年間で1万2000円以上のスイッチOTC医薬品を購入した場合、セルフメディケーション税制という税金の控除対象になります。しかし、控除を受けるためにはいくつか注意点があります。

 1つ目は「対象となる成分が限られている」ということです。対象になる成分は厚労省のホームページで公開されていますが、もっとわかりやすく確認する方法があります。薬のパッケージに控除対象である旨を示した「識別マーク」が入っているかどうかをチェックしましょう。

 また、同じ名前の薬であっても対象になるものとならないものがあるので要注意です。たとえば、解熱剤として使われている「バファリン」では、バファリンプレミアムは対象となりますが、バファリンAは対象になりません。これは、同じバファリンであっても成分が異なるからです。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事