「自分が死ぬ」準備

79歳の人気医師が断言「週2回のステーキが元気の源です」

50歳以上は肉食を(C)日刊ゲンダイ

 ロックのカリスマ・内田裕也さんは、ハンバーグとステーキ、寿司、オムライスが好物だったという。肺炎で入院していた都内の病院では、娘の也哉子さん(43)がこれらを用意。息を引き取る前の日の16日には、オムライスを3分の1ほど平らげたそうだ。享年79。ロッカーの意地か、最期まで娘と寄り添えたことの喜びか。いずれにしても、生きることへの執念が垣間見える。とかく粗食が美徳とされるが、最期まで元気に生きるなら、粗食はよくない。シニアほど、積極的に肉を食べるべきなのだ――。

 ◇  ◇  ◇

 細菌博士として知られる東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏は、今も週に1、2回の講演で全国を飛び回る。講演数は年間50~60本。その体力を養うべく、日課の散歩を欠かさない。歩数は平均1万歩で、多い日は2万歩近いという。

 43歳の記者も取材が相次ぐと2万歩を超えることがあるが、2万歩の日はけっこう疲れる。藤田氏は内田裕也さんと同じ79歳。

1 / 5 ページ

関連記事