ニューヨークからお届けします。

NY市郊外ロックランド郡に「はしか」で非常事態宣言発令

デモで予防接種反対を訴える人たち(C)ロイター

 ニューヨーク州ロックランド郡といえば、ニューヨーク市のすぐ北の通勤圏で30万人が住み、富裕層の高級住宅地も多いエリア。ここで、「はしか」の大流行による非常事態宣言が3月26日に出されました。

 はしかはアメリカでは2000年までに排除が宣言され、00年代初めには患者は年間数十人程度でした。ところが11年ごろから再び患者が増え始め、14年には年間700件近くなる大流行が見られました。

 そして昨年の秋ごろからアメリカ全土で再び流行が始まり、今年になってからの約3カ月で、15州314人の患者が確認されています。

 そのうち48人がロックランド郡。ここでの昨年10月からの患者のトータルはすでに155人に上っていますが、8割以上は予防接種を受けていない子供たちでした。

 ロックランド郡には超正統派ユダヤ教徒の大きなコミュニティーがあり、宗教的な理由から子供たちは予防接種を受けておらず、患者もその地域に集中しています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事