更年期を知って夫婦円満

「今は休んで、後でやったら」夫の一言に妻の心は折れた

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 若い頃から専門職で働きながら、家庭では家事や育児をこなし、常に忙しかった知人女性のTさん。50歳を過ぎたあたりから更年期症状が表れ始めたそうです。幸い、子供たちは成人し、家事の負担はグッと減っていましたが、それでも、家のことは主にTさんが担っていました。

「比較的体力に自信があったのに、毎日、まるで重いペダルの自転車をこいでいるようで、しんどく、つらい日々でした」(Tさん)

 そんなある日、夫婦2人の食事を終えた時のこと。汚れた食器があふれるシンクを見て気が遠くなり、疲れたとため息をつくと、夫から「今は休んで、後でやったら」。その一言に心が折れたとTさんは言います。

「今は休んで、後で“私が”するんだ。“俺がやるよ”じゃないのね。私がやるしかないのね……と。体調の悪さと重なり追い詰められた気持ち。後でやればという言葉が、とても冷たく感じたんです」(Tさん)

1 / 2 ページ

小林ひろみ

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

関連記事