がんと向き合い生きていく

乳がんの再発予防で10年間もホルモン剤を飲み続けるの?

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 洋服店で働いているSさん(39歳・女性)からこんな相談がありました。

 ◇  ◇  ◇ 

 乳がんの手術をして4年が経ちました。再発はなく元気です。病院に行った時はがんの塊は結構大きかったのですが、幸い手術ではすべて取れました。その後、医師から「リンパ節転移もあって、再発するリスクがあります」と言われ、抗がん剤の点滴注射とホルモン剤の治療をしました。いまはホルモン剤だけ飲んでいます。

 乳がんは骨に転移しやすいがんと聞いて、時々、腰が痛くなると骨に転移したかと心配になりますが、今のところ大丈夫です。定期検査はしっかり受けていますし、結果が大丈夫と聞くと、心が晴れてすっきりします。でも、次の検査が近くなるとまた心配になります。がんになった人でないと分からないと思いますが、何かにつけすぐに不安になります。薬を飲み忘れた時も、再発するのではないかととても心配でした。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事