専門医が教える パンツの中の秘密

裏スジの腫れ物の正体は「嚢胞」光を当てると透けて見える

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 性感染症専門医という立場から、これまで何万人ものペニスを観察していると、ペニスの裏側に液体(体液)がたまった袋状の腫れ物を見かけることがあります。ペニスの裏側というのは、尿道口の裏スジの部分やペニスからタマ袋にかけて縫い目のように走っている縦の線の部分です。医学的には、この部分を「陰茎縫線(いんけいほうせん)」及び「陰嚢(いんのう)縫線」と呼びます。

 袋状の腫れ物は水ぶくれのような構造をしていますが、性器ヘルペスや帯状疱疹(ほうしん)の発症で表れる膜が薄くて簡単に破れてしまう水ぶくれとは違います。これは軟部組織に液体成分が袋状にたまる「嚢胞(のうほう)」という病態です。液体の入った風船のように触ると比較的軟らかく、ペンライトで光を当てると半透明で透けて見えるのが特徴です。

 ペニスにできる良性の嚢胞は、できる場所によって病名が異なります。尿道口に接して片側あるいは両側にできるのが「傍外(ぼうがい)尿道口嚢胞」。尿道口に接することなく、裏スジから陰茎、タマ袋の縫線上(縫い目に沿って)にできるものを「陰茎縫線嚢胞」と呼びます。嚢胞の大きさは小さいものから大きいものまでさまざまで、陰茎縫線嚢胞は多発して見られる場合があります。

1 / 2 ページ

関連記事