医者も知らない医学の新常識

解毒作用が影響?キャベツは風邪薬の効果を台無しにするのか

キャベツをたくさん食べると…

「キャベツと一緒に風邪薬を飲むとその効果がなくなる」という情報を、週刊誌やネットの記事で目にすることがあります。これは本当でしょうか? 

 キャベツや芽キャベツには、グルクロン酸という成分が多く含まれています。この成分は人間の肝臓の中にも多くあるもので、肝臓の解毒作用に大きな役割を果たしています。

 薬は体にとって異物ですから、その役割を終えたら、体から外に出さないといけません。その時に大切な役目を果たしているのがグルクロン酸です。

 肝臓に入った薬などの異物は、そこでグルクロン酸に包まれ、胆汁と一緒に排せつされるのです。これを「グルクロン酸抱合」と呼んでいます。

 解熱剤や痛み止めとして広く使用され、風邪薬にも必ず入っている成分であるアセトアミノフェンは、こうして排せつされる代表的な薬のひとつです。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

関連記事