ニューヨークからお届けします。

米国では新型コロナが老人ホームに蔓延 高齢者と介護者をどう守る

写真はイメージ

 WHOが新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)宣言をした3月11日現在、アメリカでのコロナウイルス感染者は1200人を超えました。ヨーロッパからの渡航の30日間停止、大規模イベントの中止、激増する学校閉鎖など、このコラムがみなさんの目に留まる時には一体どんな状況になっているか予測もつきません。

 そんな中、感染者・死者ともに最も多い西海岸のワシントン州を中心に、全米の老人施設での感染を食い止め、入居者だけでなく介護者をどう守るかが大きな課題となっています。

 ワシントン州郊外の街、カークランドでは老人ホーム「ライフケアセンター」を中心に大きなクラスターができています。

 感染が始まった当初、同老人ホームには120人が生活していましたが、そのうち18人が新型コロナウイルスのために亡くなりました。また11日現在、入居中の49人のうち21人が陽性と報道されています。さらに近隣の10軒の老人ホームでも入居者またはスタッフの感染が確認されています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事