Dr.中川 がんサバイバーの知恵

上皇后さまは問題なしも…がん患者の微熱には3つの原因が

上皇さまに寄り添って穏やかに(代表撮影)

 上皇后さまに微熱が続いているほか、左手の指がこわばる症状がみられると報じられました。宮内庁病院で受けられた検査の結果、大きな問題が見つからなかったのは何よりです。

 上皇后さまは昨年、乳がんの手術を受けられています。幸いステージ1で転移はありませんでした。術後は、再発を抑えるため、ホルモン療法を受けられています。

 上皇后さまの微熱は問題なしとのことですが、一般論としてがん患者の微熱は気をつけなくてはいけないことが少なくありません。そこで、がん患者と微熱についてお話ししましょう。

 がん患者が発熱する原因は、①感染②腫瘍そのもの③その他に分けられます。①が最も重要で、抗がん剤の影響で白血球が減ったときに感染を起こしやすく、熱が出やすい。特に白血球のひとつである好中球が減少しているときに、体温が37・5度以上の状態は、「発熱性好中球減少症」と呼ばれ危険な状態です。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事