Dr.中川 がんサバイバーの知恵

大空真弓は皮膚がんを切除 「一がん息災」が長生きの秘訣

大空真弓さん(C)日刊ゲンダイ

 女優の大空真弓さん(81)が昨年、皮膚がんの手術を受けていたと報じられ、話題です。報道によると、口の近くにできた皮膚がんはほとんど分からないほど小さく、手術の痕も見えない程度だといいます。女優の仕事を考えると、早期発見で治療できたのは何よりでしょう。

 58歳で乳がんが見つかり、左胸を全摘。それとは別に60歳で胃がん、63歳では食道がんを発症するなどこれまでに9度のがんを克服しています。転移ではなく、それぞれ新たながんです。こういうケースは多重がんと呼ばれ、遺伝的な要因があるかもしれません。

 一般の方は会話で「ウチはがん家系で」などと遺伝の可能性に触れることがあります。しかし、遺伝が原因となるのは全体の5%ほどです。

 話を皮膚がんに戻しましょう。皮膚は表面に近い方から表皮、真皮、皮下組織の3つに分かれます。そのうち表皮は、表面から順に角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層構造です。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事