Dr.中川 がんサバイバーの知恵

俳優の綿引勝彦さんが膵臓がんで他界…CTやMRIで早期発見を

写真はイメージ

「投了すると伝えてくれ」

 先月30日に膵臓がんで亡くなった俳優の綿引勝彦さん(享年75)は息を引き取る直前、妻で俳優の樫山文枝さんにそう呟いたそうです。樫山さんは「夢うつつの中で将棋を指していたのでしょうか。これで人生を投了するということでもあったのでしょうか」とマスコミへのコメントで振り返りながら、「最期は眠るように逝きました」といいます。

 報道によると、綿引さんは3年前に膵臓に進行がんが見つかったそうです。その後、肺への転移が見つかり、化学療法を受けていたそうですが、昨年11月に積極的な治療を打ち切って、自宅療養に。体の負担が重い治療を避け、緩和ケア中心に切り替えたということでしょう。

 綿引さんの2週間ほど前に亡くなった俳優の浅香光代さんも「痛みを感じることなく、やすらかに永眠しました」と報じられました。こちらも緩和ケアがうまくいったことが推察されます。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事