時間栄養学と旬の食材

夏が食べごろのマンゴー 「葉酸」が豊富で妊婦にもおすすめ

葉酸が多く含まれる

 マンゴーはそのおいしさから、「世界3大美果」のひとつとされている他、「果物の女王」「熱帯果樹の王様」という呼び名も持つ果物です。いまはスーパーで一年中見ることができますが、国産のマンゴーの旬は夏。これからが食べごろとなります。8割は水分で構成されるマンゴーですが、たくさんの栄養素が含まれています。

 1個(200グラム)当たりのエネルギーは128キロカロリー、糖質量は31.2グラムで、バナナ1本とほぼ同量。比較的果物の中ではエネルギーや糖質量が多い方かもしれません。ドライマンゴー1袋(100グラム)になると、そのエネルギーは380キロカロリー、糖質量は90.4グラムとさらに数値がアップします。生ハムなどのタンパク質と一緒に取ると体内時計のリセット効果が高まります。

 さらに、マンゴーの中にはビタミンやミネラルも数多く含まれます。まずは葉酸です。葉酸は造血ビタミンとも呼ばれ、赤血球を作ってくれるので貧血気味の方や妊婦の方に摂取がすすめられています。また、胎児の発育にも必要となるため、妊娠中や妊娠の可能性がある方は積極的に取っていただきたい栄養素です。

1 / 2 ページ

古谷彰子

古谷彰子

早稲田大学大学院卒。早稲田大学時間栄養学研究所招聘研究員、愛国学園短期大学非常勤講師、アスリートフードマイスター認定講師。「食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門」「時間栄養学が明らかにした『食べ方』の法則」(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

関連記事