Dr.中川 がんサバイバーの知恵

小倉智昭さんは後悔 セカンドオピニオンは放射線科医か腫瘍内科医に

小倉智昭さん(C)日刊ゲンダイ

 キャスター・小倉智昭さん(74)の告白が話題を呼んでいます。2016年5月に膀胱(ぼうこう)がんを公表すると、当時務めていたレギュラー番組を1週間休んで治療したと報じられました。告白は、その治療についてです。

「5年前にがんが見つかった時点で、すべてを切っておけばよかった。こうなってしまったのも、自分のせいです」

 先月、ラジオ番組でこう語り、膀胱がんが肺に転移したことを明らかにしました。がん細胞は、肺のほかにも散らばっていて不思議ないそうです。小倉さんが自らを悔いているのは、膀胱の全摘手術をためらい、診断から2年半膀胱を温存する治療法を選択したことなのです。

 小倉さんはトイレで尿を確認する習慣があり、「トウガラシの粒」のような血尿を発見。それがキッカケで膀胱がんの早期発見につながります。医師からは膀胱の全摘手術を勧められたそうですが、全摘手術を拒否し、免疫治療を選択。18年の夏、膀胱がんが悪化し、トイレの便器が真っ赤に染まるほどの血尿で、全摘手術を決断します。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事