新型コロナワクチンの疑問に答える

3回目の接種はワクチンのメーカーを替えたい…選び方の基準は?

英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける人(代表撮影)

 医療従事者から順に12月から3回目の接種が始まる。この「ブースター接種」は2回目までと異なるワクチン接種が認められるという。もっとも現時点では、ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社の3択。「交差接種」の方が高い免疫効果が得られるという発表もあるが、実際は?

【Q】2回目の副反応が重くてワクチンのメーカーを替えたい場合、選び方の基準は?

【A】「現状では免疫効果と副反応を考慮するとmRNAワクチンがベストです。副反応が特になかったのであれば、これまでの2回でモデルナを接種した人はファイザーに替えるのもいいでしょう。もっとも、モデルナでもファイザーでも、3回目は作製方法が異なるアストラゼネカ製のワクチンに替える方が、免疫反応はさらに高くなると考えられます。

 アストラゼネカ社のワクチンは原則40歳以上に限定しているので、40代以降なら検討できます。ただし、副反応は強いといわれるので、かかりつけ医などに相談してください。事前にアセトアミノフェン系の薬や抗ヒスタミン剤を処方してもらうといいでしょう。

1 / 4 ページ

奥田研爾

奥田研爾

1971年横浜市立大学医学部を卒業後、米国ワシントン大学遺伝学教室、ハーバード大学医学部助教授、デューク大客員教授、スイスのバーゼル免疫研究所客員研究員として勤務。2001年横浜市立大学副学長、10年から名誉教授。12年にはワクチン研究所を併設した奥田内科院長。元日本エイズ学会理事など。著書に「この『感染症』が人類を滅ぼす」(幻冬舎)、「感染症専門医が教える新型コロナウイルス終息へのシナリオ」(主婦の友社)ほか。

関連記事