科学が証明!ストレス解消法

人間の記憶は外部からの情報や圧力で容易に歪んでしまう

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 人間のウソ──というのは、バレるものなのか? 本日は、その点について考えてみたいと思います。

 米国シアトルにある脳指紋法ラボラトリーズ社のファーウェル博士は、「見たものを見ていないと言い張っても見破ることができる」と公言しています。ウソは、ある程度見破ることができるというのです。

 人間には、「P300」と呼ばれる脳波の波形があります。既知のものを認識したとき、およそ300ミリ秒から500ミリ秒後にその脳波が表れ、測定した際にP300の波形が表れれば、ウソをついている可能性は高くなる……。ウソ発見器などと呼ばれるものは、こういった脳波の波形を参考にしているんですね。

 余談ですが、ここ日本では自己負罪拒否特権といって、「何人も、自己に不利益な供述を強要されない」とする原則が存在します。自白することは、自分の権利。すなわち、強制的に吐かせたり、他者が明らかにすることは禁じられています。自白剤を使った捜査が認められていないのも同様の理由からです。

1 / 3 ページ

堀田秀吾

堀田秀吾

1968年生まれ。言語学や法学に加え、社会心理学、脳科学の分野にも明るく、多角的な研究を展開。著書に「図解ストレス解消大全」(SBクリエイティブ)など。

関連記事