天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

冠動脈が3本詰まっていたらバイパス手術が第1選択

 欧州で行われてきた大規模な診療実績試験「シンタックス試験」でも、それはハッキリしているので、3枝病変の患者さんは冠動脈バイパス手術が第1選択だと考えてください。

 冠動脈バイパス手術は、患者さん自身の他の場所の血管(グラフト)を使ってバイパス血管をつくることで、狭くなったり詰まっている血管を通らなくても、心筋への十分な血流を確保できるようにする手術です。

 この手術を受ける際には、2つの重要なポイントがあります。「オフポンプ手術を行っているか」と「長持ちする血管をバイパス血管として使ってくれるか」です。

 まずは、心臓を動かしたまま行う「オフポンプ手術」を選択するようにしてください。従来の心臓手術は、血管を人工心肺装置につなぎ、心臓を止めて行うのが一般的でした。しかし、心臓の拍動を止めている時間が長ければ長いほど、患者さんは強いダメージを受けます。それが心臓を止めずに手術を行うと、患者さんの負担が大きく軽減されて術後の回復も早くなるというデータが出ているのです。

2 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。