どうなる! 日本の医療

4人で行うべき帝王切開を1人で!?

 医師不足による医療荒廃の深刻度は診療科目によって異なる。とくに深刻なのは産婦人科だ。その象徴のひとつが、全出産数の19%近くを占め、20年間で2倍に増えた帝王切開だ。日本医科大(東京都)の産婦人科医、市川雅男医師が言う。

「本来、緊急帝王切開で新生児を安全に娩出するには、手術を担当する医師が2人、麻酔と新生児をケアする医師がそれぞれ1人の計4人の医師が必要です。しかし、現実は人手不足でとても無理。特に危険なのが夜間です。多くの病院でいまだに産婦人科医が1人当直を強いられ、常駐する麻酔科医、新生児を診る医師はいない。何かあったら、すべて1人の医師がこなさなければなりません」

 産婦人科医は普通の医師と異なり“母親と新生児のふたつの命”を同時に扱う。分娩時、新生児が低酸素症になれば30分以内に帝王切開等で体内から取り出し、救命しなければならない。このとき、母親が大量出血していれば、スーパーマンでもないかぎり、同時救命は不可能だ。

1 / 4 ページ

村吉健

地方紙新聞社記者を経てフリーに転身。取材を通じて永田町・霞が関に厚い人脈を築く。当初は主に政治分野の取材が多かったが歴代厚労相取材などを経て、医療分野にも造詣を深める。医療では個々の病気治療法や病院取材も数多く執筆しているが、それ以上に今の現代日本の医療制度問題や医療システム内の問題点などにも鋭く切り込む。現在、夕刊紙、週刊誌、月刊誌などで活躍中。