愉快な“病人”たち

コラムニスト 神足裕司さん (56) くも膜下出血 ㊦

(C)日刊ゲンダイ

 2011年9月に発症した僕のくも膜下出血はグレード5の重篤な状態。手術の翌日には脳圧が上がってしまい、頭蓋骨の一部を外す手術。さらに、大量出血による脳のダメージを回復させるための麻酔で眠らせる処置。「麻酔が切れても、このまま目覚めないかも」「目覚めたとしても、家族のことは覚えていないかも」という医師の宣告。しかし、発症から1カ月半ほど経ち、僕は目覚めたのです。

 11月23日には新横浜リハビリテーション病院に転院。翌2012年4月20日には東京慈恵会医科大学付属第三病院のリハビリ科に転院しました。

 実は意識を取り戻してからも、自分の体の左半身がマヒしている、動かそうとしても動かない、とは長く認識していませんでした。暖かな気持ちのいい場所で気分よく仕事をしていて、早く家族のもとに帰ろうと思うのだけど体が動かなくて、妻が僕を呼んだので体を動かそうと思ったら、病院のベッドで横になっている自分がいた、というような……。

1 / 4 ページ