天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

目に見えない機器の進歩が治療を発展させる

順天堂大医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 前回、前々回と「外科手術の進歩と発展」についてお話ししてきました。近年は、負担が少ない「低侵襲手術」がクローズアップされていますが、これまで外科手術は「より速く、より確実に、より安全に」という方向性で進歩してきた歴史があります。

 ただ、人間が行う手術の方法や技術そのものは、かなり限界まで到達している印象です。今後は、診断から手術、術後の回復までをトータルで見たときに、さらに速くかつ安全で確実なものにするという方向に進歩していくと思われます。手術の過程の一部にロボットを使用するなど、プラスアルファの部分での進化が進むでしょう。

 そもそも、大きく開胸せず、狭い視野の中で従来と同じような手術を行う低侵襲手術は、術前の診断機器が格段に進歩したからこそできるようになった方法です。以前は、詳細な心臓の画像診断ができなかったため、まずは大きく開胸して広い視野をしっかり確保する必要がありました。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。