医療数字のカラクリ

標準的な治療を保険診療の範囲内で行うのが先決

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 その意味で体験談に基づく治療というのは、あくまでもさまざまな選択肢のひとつに過ぎないと考えるのが、現実的だと思います。

 また医療という視点に限っても、「だまされてもいいから、これにかけてみたい」という、弱みにつけ込む怪しげな民間療法は星の数ほどあります。そんな医療に大金をつぎ込むのであれば、まず標準的な治療法を保険診療の範囲で行うのがおすすめです。標準的な治療以前に「体験談に基づく治療をする」ようなことは、やめたほうがいいと思います。

 今後は、この標準的な治療というものが、どのように効果を検討しているのか、詳しく説明していくつもりです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。