天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

いまは「ダヴィンチ」手術に飛び付くべきではない

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 しかし、ダヴィンチによる心臓手術など、先進医療や研究の一環として行っている領域の治療は、いくら症例数が多くてもうのみにして飛び付いてはいけません。その施設の出している治療結果が、必ずしも国が認める方向に行くかどうかは分からないのです。

 とはいえ、このまま順調に技術が進化していけば、いずれ、先端技術による手術は人間を超えるだろうと考えています。次回、さらに詳しくお話しします。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。