3カ月で10キロやせるランチ術

味付け調整で食欲コントロール お好み焼き屋でのお作法

食べ方次第でダイエット(C)日刊ゲンダイ

 麺類やお好み焼きと、ご飯類を一緒に食べることが好きな人は肥満度が高い――。先日、大阪府がまとめた「健康・栄養調査」の結果が話題になりました。お好み焼きにご飯、味噌汁といった定食は、本当にNGなのでしょうか?

 まず、お好み焼きの栄養価を分析してみると、1個あたり約550キロカロリー。これだけを食べる分には、カロリーは高めではありません。しかし、タンパク質、脂質、炭水化物の割合を見てみると、脂質が約48%と高め。「お好み焼きは炭水化物」と思いがちですが、意外ですね。ですから「食べ過ぎなければ」との条件付きで、一緒にご飯を食べてもOKです。

 では、「お好み焼き+ご飯」に限らず、「ラーメン+チャーハン」「パスタ+ポテトサラダ」などの組み合わせは、何がいけないのでしょうか?

 主な理由は次の通りです。

①エネルギーの取り過ぎ

1 / 2 ページ

柴田真希

健康で楽しい「食」を提案する「エミッシュ」代表取締役。「私は『炭水化物』を食べてキレイにやせました。」など著書多数。ブログ「管理栄養士 柴田真希のシアワセ♪Makitchen」が好評。