がんと向き合い生きていく

がん手術の過去によって職場を追われた患者さんもいる

都立駒込病院の佐々木常雄名誉院長(C)日刊ゲンダイ

 建設会社に勤めるSさん(53歳・男性)は、悪性リンパ腫の診断で1カ月の入院治療を行い、経過もよかったことでその後は外来治療となりました。当初は「会社のみんなに迷惑をかける」と考え、20年勤めた会社を辞めようかと考えたそうですが、上司や同僚が快く協力してくれることになり、仕事をしながら治療を続けました。

 担当医も仕事を続けることに賛成で、3週間に1回の抗がん剤の点滴は金曜日に設定しました。土日にしっかり休むことで、月曜日には元気に出勤できるように配慮したのです。その甲斐もあって3カ月でリンパ腫は消失し、10カ月で治療は完遂。今は定期検査のみで、すっかりなくなった頭髪も回復しました。Sさんは、一時は家のローンや子供の教育費などの心配を抱えていたといいますが、今は感謝の気持ちを持ちながら、以前より意欲的に仕事ができているそうです。

 7年前に乳がんの手術を受けたPさん(46歳・女性)は、その後は無治療で再発なく経過し、元気に過ごしていました。そこで、新聞の募集広告で知ったある調査会社に就職しました。入社時の健診でもまったく問題はありませんでした。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。