数字が語る医療の真実

米食と麦食の比較試験必要 「かっけ」研究と森鴎外の反論

 前回、かっけの原因として「米食」の「タンパク質不足仮説」を唱える海軍軍医・高木兼寛に対する反論を紹介しました。そうなると、当時の陸軍軍医・森鴎外を取り上げないわけにはいきません。

 小説家・鴎外について、あらためて紹介する必要もないでしょうが、医師・森林太郎について少し説明しておきましょう。

 林太郎の父は津和野藩の医師でしたが、林太郎が10歳の時に家族とともに上京、12歳で東大医学部の前身である医学校に合格します。医学校の入学資格は14歳以上19歳以下と決められていたにもかかわらず、年齢を偽って合格したようです。その後、19歳で東大医学部を卒業、明治19年にドイツに留学しています。この1年前の明治18年は、高木兼寛が水兵たちが洋食を嫌うのを受けて、米麦半々の食事により、かっけを激減させた年でもあります。

 明治11年から17年の間の海軍でのかっけの発生が平均32・5%、18年が12・7%、米麦半々の導入後に0・6%という結果です。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。