数字が語る医療の真実

人体実験のよるかっけの実証は慶応でなければできなかった

 島薗順次郎のいささかパッとしない「オリザニン」の臨床試験の2年後の1921年、東大から移って慶応大学の助教授となった大森憲太が、新たな実験を行いました。

 彼は東大時代に米ぬかエキスの大量投与によりかっけの治療を経験しており、慶応に移って間もなくオリザニンによるかっけの治療を行い、その効果を確認します。

 そのころすでに欧米ではこの「オリザニン」を「ビタミンB1」として同定し、食品中の含有量などが測定されていました。

 そこで大森は、オリザニン、つまりビタミンB1を含まない食事を取らせて、かっけが発症するかどうかの人体実験を計画したのです。

 その実験は自分を含む3人の健常者に2週間から40日間のビタミンB1欠乏食を取らせ、かっけになるかどうか観察したものですが、3人ともにかっけの症状の出現が確認され、ビタミンB1の摂取により症状が改善しました。これはそもそも症状が出たときにビタミンB1を飲ませればすぐに良くなるという確信がなければできない実験です。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。

関連記事