ニューヨークからお届けします

7割が太りすぎで4割が肥満…アメリカ国民の“肥大化”深刻

ラスベガス観光を楽しむ人たち(C)AP

 アメリカ疾病対策センターが「国民の7割が太りすぎ、4割が肥満症」というショッキングな数字を発表しました。

 太りすぎの基準はBMI(ボディーマス指数=体重を身長の2乗で割ったもの)が25以上。30以上になると「肥満症」となり、心臓疾患や糖尿病などあらゆる病気を併発することはご存じの通りです。

 アメリカでは1990年には肥満症は国民の10%ほどでした。ところが10年ほど前に肥満症が人口の3割を超え、危険信号がともっていました。これに対し、さまざまなダイエットブームや、エクササイズのトレンドが生まれ、ベジタリアンやビーガンにトライする人も増えています。にもかかわらず、アメリカ人の肥大化は全くスローダウンする気配がありません。

 唯一の希望は20歳以下の子供と若者の肥満の推移です。この年代での肥満症は、2000年以降、15%と19%の間でほぼ横ばいを続けています。

1 / 2 ページ

関連記事