ニューヨークからお届けします。

あのアマゾンも 米国の大手企業が医療に続々参入宣言

左からW・バフェット氏、アマゾン創始者・J・ベゾス氏、JPモルガンCEOのJ・ダイモン氏(C)AP

「世界一、医療費が高い」といわれるアメリカでは、同じような医療を受けても日本の2.5倍のお金がかかるという数字があります。その分、保険料も高く、企業にも個人にとっても大きな負担になっています。

 さらに先進国の中で唯一、国民皆保険でないため、10人に1人は健康保険に入っていません。また治療費や薬の価格の決まり方についても不透明な部分が多く、批判が絶えないのが現状です。

 しかし、この状況もついに変わるかもしれません。「アマゾン」を筆頭に大手企業が医療に参入宣言をしたからです。

「アマゾン」は、著名な投資家ウォーレン・バフェット率いる「バークシャー・ハサウェイ」、金融大手の「JPモルガン」とともに、これらの企業の社員8万人がもっと安い保険料で保険に入れるよう、独自の保険制度を新たに構築すると発表しました。

 アマゾンは、すでに頭痛薬や風邪薬などのジェネリック医薬品を「ベーシック・ケア」という名前のプライベートブランドとしてアマゾンの専用ページで販売を始めています。価格も大手ドラッグストアや量販店より1割以上安く売られています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事