ニューヨークからお届けします。

最新調査で判明 若い女性の心臓発作は見落とされがち

顎にも強い痛みが…(C)日刊ゲンダイ

 心臓発作の症状で知られているのは強い胸の痛みですが、こうした症状を伴わないある種の心臓発作が問題になっています。特に55歳以下の女性がこうした心臓発作で死亡するリスクが男性よりも高いことが、最新の調査でわかりました。

 医学誌「サーキュレーション・ジャーナル」によれば、体の不調を訴えて医師にかかった女性の症状を心臓発作と診断できなかったケースが過半数に上るとのこと。その理由は「女性が訴える症状が男性のそれと異なる」ということがわかったのです。

 急性心筋梗塞と診断された約2000人の女性と、1000人の男性に対する調査を行ったところ、87%の女性、90%の男性が胸の痛みを訴えました。

 ところが、ほかの症状、顎や首、腕などの不快感や痛みを訴えたのは、女性62%、男性55%と女性の方が高く、女性はこうした症状をストレスや不安神経症などによるものと考えやすいといいます。過半数の女性がこうした症状を心臓の問題とは考えないために、診断が遅れて死亡リスクが高まっていることが明らかになったのです。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事