Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

伊藤忠がヒント がん治療と仕事の両立はコーディネーターが重要

異常があればCTなどで精密検査(C)日刊ゲンダイ

 がんは、3人に1人が65歳以下で発症します。働き盛りでがんを患う人が少なくありません。仕事と治療の両立は、働き方改革でも目玉項目のひとつです。そこで、前回はサントリーHDの取り組みを紹介しました。がんで高度先進医療を受けた社員の治療費を、最大500万円まで会社が負担するというものです。

 がん社会の今、こうした企業の支援体制は不可欠でしょう。厚労省は2009年に「がん対策推進企業アクション」を設立。がん検診の推進や就労支援などを進めています。

 その活動に賛同するパートナー企業は2575社で、従業員は約674万人です。

 私は、その事務局を支援するアドバイザー会議の議長を務めていて、先月28日には先進的な企業の取り組みを表彰するセミナーが開かれました。その中でも、厚労大臣賞を受賞した伊藤忠商事の取り組みが際立っています。紹介しましょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事