Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

星野仙一さん命を奪った膵臓がんは糖尿病の「第4の合併症」

殿堂入り発表の会見をする星野仙一氏(2017年11月)/(C)日刊ゲンダイ

 闘将がそっと息を引き取りました。中日のエースとして活躍し、3チーム目の楽天の監督として念願の日本一に輝いた楽天球団副会長・星野仙一さんの命を奪ったのは、膵臓がんでした。享年70。

 膵臓がんの5年生存率はステージ1で40%。胃がんや大腸がんはほぼ100%ですから、その怖さが見て取れますが、突然の訃報に驚かれた方も多いでしょう。

 楽天の発表や報道などによると、がんが判明したのは2016年7月。急性膵炎の発症がキッカケでした。その後、闘病を続け、昨年11月28日には、自らの殿堂入りを記念するパーティーで元気そうな姿を見せていました。それから間もない12月、病状が悪化。今月4日、眠るように旅立ったといいます。

 がんの中でも難治がんの膵臓がんですが、見逃せないリスクがあります。糖尿病です。星野さんは長年、糖尿病に苦しんでいたようで、その影響が少なからずあると思われます。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事