Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

大橋純子さんが食道がんに 声帯は化学放射線で温存できる

大橋純子さん(C)日刊ゲンダイ

 がんの治療は、手術と放射線、抗がん剤が3本柱です。薬剤の進歩には目を見張るものがありますが、固形がんの場合、根治を期待できるのは現状、手術と放射線。抗がん剤では、根治できません。

 歌手の大橋純子さん(67)は、早期の食道がんが見つかったと報じられました。治療をどうするか検討したところ、化学放射線治療にすることが決まったようです。

 歌手ですから、声帯を守りつつ、最善の策を考えるのが大切。その点、化学放射線療法は、メスを入れることなく治療ができて、治療成績は手術と同等。賢明な判断でしょう。

 声帯に関係するがんというと、喉頭がんがあります。4年前、落語家の林家木久扇さん(80)が声が出なくなり、「仕事はどうなるのか」と不安にさいなまれたのが、この喉頭がん。ステージ2だったそうですが、笑点でおなじみの“黄色い着物の人”は放射線治療で高座に復帰。今も元気にお茶の間を笑わせています。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事