愉快な“病人”たち

生き方が楽に 森下千里さんがリンパ節炎を患い考えたこと

「病院は得意じゃなかった」と話す森下千里さん(C)日刊ゲンダイ

「このくらいの風邪が治らないなんて、ダサイな」

 自分ではそう思っていました。でも、それが「亜急性壊死性リンパ節炎」という耳慣れない病気だったのです。

 2015年1月、多忙な年末の仕事が一段落して、少し時間ができた頃でした。よくありますよね、休みになると急に疲れが出ちゃう時。まさにそんな感じでした。熱っぽくて喉が腫れた感じがして「扁桃炎だな」と思っていました。自宅に体温計がなかったので、熱がどれくらいあったかはわかりませんが、何もやる気が起きない日が2~3日続いて、珍しく病院へ行ったんです。

 それまで大病したことはありませんでしたし、薬が嫌いで病院が得意じゃないから、かかりつけ病院なんてありません。それで、知人に紹介していただいた内科を受診したんです。案の定、「扁桃炎ですね」と言われて、薬が処方されました。

■病名を告げられ「なんだそれ?」

1 / 5 ページ

関連記事