実録 父親がボケた

<11>月額利用料が安めの特養…あまりに粗末な食事に愕然

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 新設の特別養護老人ホームに入所できることになった父。しかも多床室(4人部屋)ではなく個室だ。これで月額約18万円。厚生年金と企業年金でまかなえる範囲だ。もし父が私のようなフリーランスで国民年金だけだったら、無理である。会社員の恩恵を享受。

 その前に、施設と金にまつわる紆余曲折を振り返ろう。施設の完成・入所まで1カ月強あったので、ひとまず父をショートステイ専用の特養に送った。1日4000円、最長で30日間滞在できる。

 その特養は、頻繁にカラオケや体操などのレクリエーションを催し、利用者を飽きさせない優良施設だった。職員もベテランが多く、優しくてケアが上手な外国人介護士もいた。

 ただ、初めて訪れた時は正直、衝撃を受けた。食堂に30人以上の老人たちが集っている。何をするでもない。ひとりでしゃべりたおす女性もいれば、目がうつろでかろうじて呼吸している男性もいる。父と同室の男性は寝たきりで、常に口をもぐもぐと動かしている。プラスチックの器に盛られた粗末な食事を見たときは「ムショ飯かよ!」と心の中で叫んでしまった。

1 / 2 ページ

吉田潮

1972年生まれ、千葉県出身。ライター、イラストレーター、テレビ評論家。「産まないことは『逃げ』ですか?」など著書多数

関連記事