Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

関ジャニ安田も克服 髄膜腫はガンマナイフで開頭せず治る

道上洋三アナは9月に復帰予定(C)日刊ゲンダイ

 そんなにすぐ良くなるのか。そう思った人もいるでしょう。アイドルグループ「関ジャニ∞(エイト)」のメンバー・安田章大さん(33)が昨年2月、髄膜腫の摘出手術を受けていたことが明らかになりました。この病気は、脳腫瘍のひとつ。脳の病気というと怖そうですが、これは良性で治りやすいのです。

 一口に脳腫瘍といってもさまざまで、150種類に上ります。そのうち髄膜腫は、脳そのものにできるのではなく、頭蓋骨の内側を覆う硬膜から発生する良性腫瘍。ほかの臓器の良性腫瘍なら、切除せずに済むケースもありますが、脳腫瘍は良性でも脳を圧迫するため、摘出するのが第一なのです。

 症状は、それができる場所によって千差万別でも、大きくなるにつれて頭蓋内の圧が高まり、頭痛や吐き気が起こります。その周辺の脳機能障害によって聴力が低下したり、視野が悪くなったり、麻痺や痙攣が生じたり。言語障害が起こる人もいます。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事