愉快な“病人”たち

えのきどいちろうさん 続発性の脳腫瘍と「一生付き合っていく」

麻酔から覚めて家族の顔が見えたとき「生きてるんだ」と思った/(C)日刊ゲンダイ

「俺、脳腫瘍だってさ……」

 カミサンにそう電話した後、慈恵医大病院の石段に座って、午後の診察が始まるまでボーッとしていました。そのときは「ああ、死ぬんだなぁ」って思いました。いま思えば、眼科の先生が「脳腫瘍です」なんて、きっちり病名まで言わなくてもよかったんじゃないかなと思いますけどね(笑い)。

■近所の眼科で検査したら「脳腫瘍です」

 そもそもの始まりは、視力が落ちてきたから、ちゃんとしたメガネを作ろうと思っただけなんです。いまから23年前、35歳のボクは草野球チームの4番バッターでした。そのシーズンは打撃好調で、「もっと打ちたい」という欲を持ったわけです。その頃、視界の右上にモヤがかかるような感じがあって、仕事やテレビゲームのやりすぎで視力が落ちているのだと思っていました。ここらでひとつ元ヤクルトの古田敦也さんのようなパーフェクトな、本当にちゃんとしたメガネを作れば、もっと打てるんじゃないかと考えたのです。

1 / 5 ページ

関連記事