がんと向き合い生きていく

かつて温熱療法の臨床試験を行ったところがん患者の生存期間は有意に長かったが

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 温泉でがんそのものが悪化する、増殖するということはありません。ただ、全身の状態が悪く、あるいはつらい状況の方では、体力がもっと消耗してしまうことが心配です。むしろ温泉は、リラックスできて、癒やされて、楽しく、免疫力を上げることができるかもしれません。ですから、がん患者は普通の温泉は禁忌ということはないと考えます。

 私が卒業した小学校の近くには「不老・ふ死温泉」というウソに決まっている名前の温泉があります。そこは波打ち際にあり、日本海に沈む夕日がとてもきれいな温泉です。

■本コラム書籍「がんと向き合い生きていく」(セブン&アイ出版)好評発売中

4 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事