がんと向き合い生きていく

「医師の思い」と「患者の思い」は対等ではない現実がある

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 肺がんの治療を行っている、農業を営むCさん(58歳・女性)との診察室での会話です。

「お元気そうですね。採血の結果も悪くないですよ」

「先生、私は先生の前では元気そうにしているけど、家に帰ったら本当はぐったりなの。主人からは『そんなにぐったりしているなら、抗がん剤を飲まないで休んでみたら?』と言われるんです。でも、治療を止めたら病気は進むのでしょう?」

「ちょうどこれから2週間、休薬期間に入りますから、その間どうだったか教えてください。だるさはどうか、食事はどうか、手帳にでも付けてみてください」

「ありがとうございます。そうします。久しぶりに街に出たら、世の中、みんな元気な人ばかり。羨ましいわ」

「元気そうに見えても、それなりに病気を抱えている方もおられるのですよ」

 スーパーの支店長を務めるSさん(45歳・男性)は、胃がん手術1年後に、腹腔内のリンパ節転移が出現して再発、抗がん剤の点滴と内服治療を行いました。約半年でリンパ節転移は消え、抗がん剤治療は内服のみとなり、それから2年間、再発はありません。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事