がんと向き合い生きていく

「死ぬ覚悟」を迫ることが患者や家族を苦しめる場合がある

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 あるがん遺族の会報で、とても気になった投稿がありました。緩和病棟に入院したお母さまのことについて書かれたものです。

「苦しんで逝かせてしまいました。……(母は)死ぬことを恐いと言い、呼吸ができなくなりそうだったときも死の影に怯えていました。それなのに死ぬ覚悟は折にふれ求められました。……患者は生きたいと思っているのに医療スタッフは死ぬ覚悟を迫る。……『生』の感覚に乖離があるように思えてなりません。……患者の揺れる気持ちをくむのは家族でさえむずかしいことです。でも、癌とわかって治療をするのは何故なのでしょうか。苦しい息の下であっても『生きたい、乗り越えたい』と思っているかも知れません。『助けて』というのは生きる為ではないでしょうか。私は母の最後に『ごめんね』と言いました。『死』とは奪われることでしたが、私はそれで終わっていいようには思えませんでした」

 私はこの投稿を読んだだけで、実際の状況を知りません。どこの病院かも分かりませんし、緩和病棟のスタッフの意見も聞いていません。しかし、ご遺族は数年過ぎた今でも、緩和病棟で「母は死ぬ覚悟を迫られた」と悩んでおられるのです。

1 / 3 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事